フロアマップを見る

ノウハウ

新着コラム

menu

お問い合わせ

セミナー・会議受付中

「Xmas・忘年会・新年会」パーティーのご予約受付中!

懇親会プラン

トータルサポートプラン

コラム

menu

お問い合わせ

セミナー・会議受付中

懇親会のみのご利用も可能

セミナー集客を成功させるために確認すべき5つのポイント

セミナーを開催する上で、最も悩むのは集客という方も多いのではないでしょうか。

今回は、「参加したくなるオファー」を作り、セミナー集客を成功に導くポイントを紹介します。

ターゲットを明確にして適切な言葉で表現する

セミナー集客が失敗する原因の大部分は、ターゲットを明確にし、そのターゲットが持っている悩みやニーズに合った言葉で表現するということができていないからです。

重要なのは、自分が伝えたいことをそのまま伝えるのではなく、ターゲットが欲していることを、あなたのスキルを通してどう提供するかを伝えましょう。

そのためには、ターゲット(市場)のリサーチが最も大切です。

例えば、

・どんな悩みを持っているか
・どんなことに興味があるか
・性別はどちらか
・どこに住んでいる人か
・職業は何か

というようなターゲットを初めに設定することで、以下のようなリサーチが必要だとわかります。

・ターゲットが欲しくなる商品・サービスか
・どんな言葉なら心に刺さる表現になるか
・特典はどんなものがあると良いか
・どこで開催するか

インパクトを与えられているかヒアリングする

しっかりとターゲットを把握したら、ターゲットにインパクトを与えるセミナー内容であるかをヒアリングしましょう。

重要なのは、ターゲットとなる人に直接ヒアリングやアンケートを行うことです。思い込みでリサーチを終えても、実際にターゲットが本当に求めている内容になっていない可能性があります。

直接ターゲットとなる知人に聞いても良いですし、インターネットのQ&Aサイトなどを利用して聞くのも良いです。

ターゲットが「どうしても行きたい!」と思う内容であれば、集客は必ずといっていいほど成功するので、リサーチも含めて手を抜かないようにしましょう。

不安を解消する文章を書く

たとえ無料であったとしても、セミナーに参加するというのは、会場までの移動などを考えるとハードルが高いです。

特に初めて会う講師の場合は「雰囲気が想像できない」「何か売りつけられるのでは?」といった不安が頭をよぎります。

セミナーに参加することで何を得られるのか、何が解決できるのかといったこと以上に、不安を解消することが大切です。

参加しようと考えている見込みのお客様が頭に浮かべる悩みや疑問を、Q&Aなどの形で掲載することで、参加への不安を解消することができます。

怪しさをなくす

セミナー自体はよく行われているものの、まだまだ怪しいというイメージを持っている方も多いです。ビジネス系のセミナーは特にそう思われてしまう可能性があります。

そういった怪しさを持たれないように、オファー文を構成しましょう。

・講師のプロフィール画像や動画を掲載する
・なぜセミナーを開催するのかという想いを伝える
・セミナーを行うにふさわしいと思われる実績を提示する

以上の要素をオファー文に掲載することで、信頼を持ってもらえます。

広告費をかける

ブログなどのメディアを通じて固定ファンが多くいる場合は必要ないかもしれませんが、セミナーの集客に困っている方は、広告費をかけて集客することも考えましょう。

現在ではGoogleやFacebookで広告を出稿すれば、細かいターゲティングを行えるので、オファーが良いものであれば、費用対効果が良い集客ができます。

まとめ

いかがだったでしょうか?
集客に最も大切なのは、ターゲットが求めていることを理解して伝えることです。
なぜ参加したいと思うのか、何が参加にあたって不安になっているかを分析することで集客はうまくいきます。

集客に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてくださいね。

一覧

こちらの記事もおすすめです

料金・設備備品

ケータリング

ご利用の流れ

お問い合わせ