フロアマップを見る

ノウハウ

新着コラム

menu

お問い合わせ

セミナー・会議受付中

「Xmas・忘年会・新年会」パーティーのご予約受付中!

懇親会プラン

トータルサポートプラン

コラム

menu

お問い合わせ

セミナー・会議受付中

懇親会のみのご利用も可能

海外のゲーム大会から学ぶ大型スクリーン会場の活用方法

海外で広く知られているゲーム大会のe-Sports。
日本ではあまり知られていませんが、テレビゲームを競技として行うイベントとしては最大規模で、国際オリンピック委員会の一部団体が加盟団体になっているほどです。

今回は、e-Sportsの特徴や、そこから学べるシアター形式の会場を活用する方法などを紹介します。

e-Sportsの特徴

e-Sportsは、エレクトリックスポーツの略です。
日本では、「スポーツ」という言葉は体を動かすイメージが強いですが、海外では気晴らしをするために遊ぶ・楽しむといった意味合いでも使われています。

小規模なものから賞金総額10億円まで様々なe-Sportsのイベントがありますが、どれもプロ同士が本気で戦う競技となっており、その対戦を見に10万人の観客が集まることもあります。

PC関連のメーカーや企業がスポンサーのプロリーグも多数存在しているほどで、サッカーやバレーなどと同じように若者が憧れる職業の1つにプロゲーマーがあります。
中国や韓国では国がe-Sportsを支援する動きがあるほどの盛り上がりです。

対戦に使うゲームは格闘ゲームやカーレースゲームなどの市販のゲームで、プロゲーマーがプレイするのを観客が大きなスクリーンで見るのが一般的で人気となっています。



この動画はポーランドのESLというサイトが開催したe-Sportsです。会場の設営も本格的で、非常に盛り上がりがあることがわかります。

なぜe-Sportsは日本で流行らないのか

なぜ海外ではここまで認知されているのに、日本であまり知られていないのかというと、法律の問題が大きいと言われています。
e-Sportsはプレイヤーが参加する費用から賞金が出ることが多く、それが日本だと賭博行為にあたってしまう可能性があるため、大規模な大会が行いづらい状況になっています。

また、賞金を提供してくれるスポンサーが少ないことも1つの理由です。
ゴルフや野球のようなスポーツは、テレビ中継も行われており、スポンサー企業にとっても広告の効果が大きいことから高額賞金を提供してもらえます。
しかし、日本ではゲームを競技だと考えている人が少ないため、スポンサーが集まらないのです。

ゲームのプレイを見に来るイベントなら問題ない

これらの問題によって、海外スタイルのe-Sportは日本では流行りづらいのですが、海外と比べて日本のゲーマーが少ないわけではありません。

ゲームが強い人同士の対戦を見たいという需要は日本にもあり、小さなイベントであればユーザーが主催した大会イベントを開催している例はたくさんあります。
有名なゲームのイベントでは、満席になるほど盛況とのことです。

法律やスポンサーなどの問題はありますが、ゲームが得意な人たちや、その対戦を見たい人を集めたゲーム大会であれば問題ありません。

交流会の1つとして、大勢で楽しめるゲーム大会を企画するのも良いでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?
日本でもe-Sportsを普及させる試みが始まっていますし、先進的な試みだと感じてもらえる今は、チャンスでもあります。

1つのイベントとして、大型シアターを使ったゲーム大会を開催するのも面白いですね。

一覧

こちらの記事もおすすめです

料金・設備備品

ケータリング

ご利用の流れ

お問い合わせ