フロアマップを見る

お問合わせはこちら

ノウハウ

新着コラム

menu

お問い合わせ

セミナー・会議受付中

「Xmas・忘年会・新年会」パーティーのご予約受付中!

懇親会プラン

トータルサポートプラン

コラム

menu

お問い合わせ

セミナー・会議受付中

懇親会のみのご利用も可能

わかりにくいとは言わせない!プレゼン資料の質を上げる5つの方法

パワーポイントやKeynoteなどでのプレゼンは、ビジネスを進める上で欠かせないイベントの1つです。
セミナーや社内共有、お客様への提案など、プレゼン次第で成約が決まるかどうかの大事な場面もありますので、わかりやすさが求められます。

わかりやすいプレゼン資料の作り方にはいくつか大切なポイントがあり、そのポイントを抑えるだけで資料の質を格段にアップさせられます。
今回は資料の作り込みによってプレゼンの質を上げる方法をまとめました。

誰のためにプレゼンを行うか明確にする

プレゼンは状況に応じてどのような構成で行うかが変わってきます。
その状況を整理せずにプレゼンの流れや内容を作成することはできません。

とにかく分量が多いものを作ったとしても、それはプレゼンの聞き手にとって有益な情報だったと感じてもらうことはできません。

誰かと話すときも「この人が知りたいことはなんだろうか」と考えた上で会話するように、プレゼンにもコミュニケーションの要素を盛り込む必要があります。

・あなたはどんな立場で話すのか(技術者・専門家・勉強会での情報シェア)
・聞き手はどんな立場なのか(専門的な情報を知りたい・考え方を知りたい・経営の決定をしたい)
・どんなテーマを話すのか
・答え(あなたが一番聞き手に伝えたい人)
・どんな行動をして欲しいか

以上の5つの基本的なことを書き出し、明確にしておきましょう。

1スライドを1メッセージに絞る

わかりやすいプレゼンは、1枚のスライドには1つの伝えたいことだけが少ない文字で書かれています。
1つの物事に対して、様々な考え方が必要な場合が多いですが、複数のメッセージがあっても聞き手は混乱してしまいます。
プレゼンであなたが最も伝えたい答えに関連することを1つのスライドごとに伝えることで、聞き手が納得して行動を起こしやすくなります。

プレゼンを行う人も、1つの答えに行き着く形でプレゼンを構成した方が、内容も流れも覚えやすくなるため、プレゼンを作りやすくなります。

聞き手が記憶しやすく、話し手も自信を持って話せるようなシンプルなスライド作りを心がけましょう。

聞き手が話に惹き込まれる配色を行う

人間は色によって受ける感情が異なります。癒し・落ち着きを与えたいのであれば緑色や青色を使用し、情熱を伝えたい場合は赤色などという形で使い分けます。

会社のカラーなどと合わせることで、統一感が生まれて聞き手が安心してスライドの内容を感じられるという一面もあるので、色から受ける心理を知ってスライドに適用しましょう。

文章をできるだけ排除する

プレゼンのテンプレートには必ず箇条書きのものがあります。
しかし、箇条書きを全て読まなければ、そのスライドが意図することが理解できず、聞き手は全体像を把握できません。

箇条書きを行う場面は必ず出てくると思いますが、その場合は以下の基本3点を守りましょう。
・箇条書きは単語のみを並べる
・行間を空け、短時間でも読み込めるようにする
・5つ以上の箇条書きにしない

この基本を守るだけでも、聞き手が短時間でスライドの内容を理解できます。

写真やアイコンだけで伝えることが可能であれば、文字ではなくビジュアルのみで構成したスライドにすることで、短い時間で聞き手が内容を理解できます。

スペースを利用しない

スライドの全体に文字や図が書かれている場合、読み手がどこから読み始めればいいか迷ってしまいます。

文字や図など、いろんなパターンが1枚のスライドに書かれている場合は、できるだけ中央に全ての要素をまとめましょう。
スライドが引き締まって読みやすくなります。

プレゼンが上手くなるスライド3選

この5つの方法を使えば、わかりやすいプレゼンを作ることができますが、さらにわかりやすいプレゼンを作りたい方は、これからご紹介するスライドをご覧ください。
読むだけでプレゼン力がアップしますよ。

パワポデザインの間違いを知る



スペースを使いかたや色使いなど、デザインの間違いを紹介しています。

デザインの基礎知識を知る



上のスライドと同様にデザインに関するスライドです。プレゼンだけでなく、資料制作にも役立つ内容になっています。

プレゼンの本質を知る



小手先のテクニックではなく、「プレゼンとはどういうものか?」を知れるスライドです。とても勉強になります。

まとめ

いかがでしたか?以上のように、読みやすいスライドには、基本的な法則があります。
これらの法則を守ることで、プレゼンが上手いと感じてもらえ、高い満足度を得られるのです。

すぐに実行できることばかりなので、実践できるところから試してみましょう。
読み手になってスライドを読むことを実践するだけで、たくさんの改善点が見つかります。

一覧

こちらの記事もおすすめです

料金・設備備品

ケータリング

ご利用の流れ

お問い合わせ