フロアマップを見る

お問合わせはこちら

ノウハウ

新着コラム

menu

お問い合わせ

セミナー・会議受付中

懇親会のみのご利用も可能

懇親会プラン

トータルサポートプラン

コラム

menu

お問い合わせ

セミナー・会議受付中

懇親会のみのご利用も可能

大型スクリーンNG?パブリックビューイングの著作権侵害に気をつけろ

ワールドカップやオリンピックなど、大きなイベントの際に飲食店やカフェ、スポーツバーなどで行われるパブリックビューイング。

食事やお酒を楽しみながら応援を楽しんだ方も多いと思います。

市民権を得たパブリックビューイングですが、テレビ放送を不特定多数の人と見ると著作権を侵害する可能性があることはご存知でしょうか。

放送には「伝達権」がある

「著作権」という単語を聞いたことがある人は多いと思いますが、どういった権利か知っている方は少ないでしょう。

著作権とは、演奏権・複製権・譲渡権といった複数の権利を合わせたもので、その中に伝達権というものがあります。

伝達権とは、放送されているテレビ番組やラジオ番組などを公にする権利のことで、今回のポイントとなる権利です。
この権利はテレビ番組であればテレビ局、ラジオ番組であればラジオ番組が持っています。

家や会社の中で放送を見聞きするのであれば問題ないのですが、お客さんなど不特定多数が出入りする場所で放送を流す場合は、原則テレビ局などの著作権者に許可をもらわなければいけません。

しかし、この決まりを厳しくすると、定食屋などの飲食店でもテレビ放送ができなくなって不便であることから、家庭用のテレビなどに付いている「通常の家庭用受信装置」を使って放送する場合であれば著作権者の許可なく公の場で放送を流しても良いことになっています。

公の場に大型スクリーンでテレビ放送を映すのはNG

それでは、飲食店やカフェで大型スクリーンを使ってパブリックビューイングを行うこともOKなのでしょうか?

最近では家庭用テレビも大型化していますし、ホームシアター設備を使った家もありますので、問題ないように思います。

しかし、飲食店やカフェなどで大型スクリーンを使って放送を流すことや、駅前のスクリーンで放送する場合はNGとなっています。

理由としては、大型スクリーンは「通常の家庭用受信装置」に該当しないためです。

つまり、パブリックビューイングを行う際に家庭用テレビなどの「通常の家庭用受信装置」を利用していれば、問題ないということになります。

非営利目的であれば著作権は問題ない

以上の理由から、飲食店やカフェ、スポーツバーなどで大型スクリーンを使ったパブリックビューイングを行ってはいけないことがわかりました。

ただし、著作権法の決まりとして、非営利目的であれば大型スクリーンを利用したテレビ番組を著作権者の許可なしでも放映をして良いことになっています。

非営利の条件として、「放送を見せるのにお金を直接もらわない」「観覧者に有料で飲食や物販の提供をしてはいけない」などの決まりがあります。

まとめ

いかがでしたか?

ワールドカップやオリンピックの時にテレビでパブリックビューイングを行なっている場面がよく放送されていたのを見て「うちでもやってみよう!」と思った方もいるかもしれません。

そのときには、著作権侵害にならないように、ルールをしっかり確認してから行いましょう。

一覧

こちらの記事もおすすめです

料金・設備備品

ケータリング

ご利用の流れ

お問い合わせ