フロアマップを見る

お問合わせはこちら

ノウハウ

新着コラム

menu

お問い合わせ

セミナー・会議受付中

「Xmas・忘年会・新年会」パーティーのご予約受付中!

懇親会プラン

トータルサポートプラン

コラム

menu

お問い合わせ

セミナー・会議受付中

懇親会のみのご利用も可能

寄付・支援金集めを目的としたイベント開催のアイデアまとめ

寄付や支援金、資金集めを目的としたイベントを開催する場合は、イベント参加のチケットを申し込んでもらうと同時に寄付や支援を受け付ける方法があります。

今回は、実際に寄付や支援金集めを目的として開催されたイベントを紹介します。

イベント参加ができない人に向けた「応援参加チケット」

日本とタイとを食で繋ぐプラットフォームの制作を目指した特定非営利活動法人の「Yum! Yam! SOUL SOUP KITCHEN」は、1〜2ヶ月に1度のペースで食のイベントを開催しています。

NPO法人設立直後は日本のみでイベントを開催していたのですが、タイでのイベントを開催することになりました。

その際に「タイへ行って参加までは難しいが、活動を応援したい」と考える人に向けて、1口1000円の応援チケットをイベント参加チケットと合わせて販売しました。

チャリティパーティー

2011年に起こった東日本大震災を受けて、チケット管理アプリをリリースしている「PeaTiX」が行ったチャリティークリスマスパーティでは、17万4000円の寄付を集めることに成功したそうです。

イベントの売り上げを震災復興支援に使用するとした本イベントは、イベント参加チケットとして1000円〜10000円までの5パターンに分けた金額を設定しました。

どの価格のチケットを購入するかは参加者の自由になっていて、どのチケットを購入しても同じクリスマスパーティに参加できます。

どのチケットを買っても同じなのであれば一番安いチケットが購入されると思いがちですが、イベントの目的が「チャリティー」であるとあらかじめ発表し、売り上げを復興支援に利用することがわかっていたため、最低金額での購入が極めて少なく、中央の金額のものが最も多く売れたとのことです。

クラウドファンディングと組み合わせたイベント

最近利用者が増加している、クラウドファンディングとイベントを組み合わせるのも、資金を集めるのに有効な手段になります。

クラウドファンディングとは、インターネットで達成したい目標や目的(プロジェクト)を掲載し、それに賛同した不特定多数の人たちが資金の支援を行うもののことです。

例えば、自主制作の写真集を作りたいカメラマンが、「なぜその写真集が必要なのか」「どんなプロセスで写真集を作るのか」「そのために資金はいくら必要なのか」といった情報をクラウドファンディングサービスのサイトに掲載します。

「3000円の支援で完成した写真集1冊をプレゼント」といったリターン(見返り)を設定することで、そのプロジェクトに賛同してくれた人だけでなく、そのリターンを求める人が支援者になってくれる仕組みです。

実際にどういったプロジェクトなのか説明する場をイベントとして設けることで、プロジェクトを立ち上げたメンバーの熱意なども伝わり、結果的にプロジェクトに必要な資金が集まりやすくなる効果があります。

まとめ

いかがでしたか?

直接セミナーなどで売り上げを上げる方法だけでなく、イベントを通して資金や支援金を集める方法があります。目的に合わせてうまくイベントを活用してみましょう。

一覧

こちらの記事もおすすめです

料金・設備備品

ケータリング

ご利用の流れ

お問い合わせ