フロアマップを見る

お問合わせはこちら

ノウハウ

新着コラム

menu

お問い合わせ

セミナー・会議受付中

「Xmas・忘年会・新年会」パーティーのご予約受付中!

懇親会プラン

トータルサポートプラン

コラム

menu

お問い合わせ

セミナー・会議受付中

懇親会のみのご利用も可能

イベント集客でFacebookの利点を最大限に活用する方法

Facebookは、イベント告知を行うときには外せない手段となっています。

イベント作成が簡単にできるのが特徴ですが、一方で主催者が参加者管理をやりづらいといった特徴もあります。今回は、Facebookの利点を活用してイベント集客に繋げる方法を紹介します。

Facebookイベント機能のメリット・デメリット

メリット

Facebookイベント機能のメリットは、簡単にイベントページを作成し、Facebookの友達に向けて招待ができる点です。

1.主催者がFacebookでイベント作成
2.友達に向けてイベントに招待

上記2ステップだけでイベント開催の内容と集客が同時に可能になります。

デメリット

Facebookイベントは非常に簡単にイベント集客ができる反面、デメリットもあります。

1つ目は、参加・不参加・興味ありのステータスが自由に変更できるため、当日になってみないと何人集まるかわからないことです。
また、誰がステータスを変更したかもわからないため、参加者が多いイベントの場合は参加者の把握が難しい特徴もあります。

2つ目は、事前入金ができないことです。それにより、ドタキャンが発生しても入金いただくことができません。さらに、当日に集金し忘れてしまう懸念もあります。

Facebookの利点を最大限活用してイベント集客する方法

ここからは、Facebookの利点を最大限活用してイベント集客する方法をお伝えします。

Facebookページの作成

まずはFacebookのイベント主催をしっかり参加者に認識してもらうために、イベントや団体のFacebookページを作ります。

すでにFacebookページが存在する場合はそのページを利用しても構いません。

Facebookページにファンを集めておく

Facebookページを作成したら、ページのコンセプトに興味を持ってくれそうな人から「いいね!」をもらってファンを集めましょう。

イベントの招待はFacebookの個人タイムラインにも流すことができますが、やはり目的を持ったページにいいねしてくれているファンの方が、イベント参加への興味を強く持ってくれています。

Twitter、ブログなどのSNSを使ってファンを集めてもいいですし、Facebook広告でターゲットを細かく指定してファンを集めるのも有効です。

イベント申し込みの投稿を行う

準備ができたら、イベント機能を使ってイベントページを作成し、Facebookページにイベントに関する投稿を行います。

・どんなイベントなのか
・いつ開催するのか
・どこで開催するのか
・必要な持ち物

といった詳細情報を記載しましょう。

最初に書いた通り、Facebookイベント機能は参加者の把握が難しいため、イベント管理アプリなどを利用してそちらの申し込みをもって正式な参加受付になる旨を記載しておくことが大切です。

関連記事:集客から決済まで一元管理できるイベント主催者のための便利な管理サービスまとめ

まとめ

いかがでしたか?
Facebookでのイベント集客は非常に有効な手段ですが、デメリットもあります。

Facebookページを使い、イベントと親和性の高いファンを集めた後にイベント管理アプリを使った集客を行うことで、デメリットをなくすこともできますし、持続的なイベント開催も可能になるので、ぜひ試してみてください。

一覧

こちらの記事もおすすめです

料金・設備備品

ケータリング

ご利用の流れ

お問い合わせ