ノウハウ

新着コラム

menu

お問い合わせ

セミナー・会議受付中

懇親会のみのご利用も可能

懇親会プラン

トータルサポートプラン

コラム

menu

お問い合わせ

セミナー・会議受付中

懇親会のみのご利用も可能

コミュニケーション能力がない人の7つの特徴と改善方法

「自分はコミュニケーション能力がない」と悩んでいませんか?
実は、コミュニケーション能力は鍛えることが可能です。

今回は、コミュニケーション能力がない人の特徴と、それを改善するための方法を紹介します。
自分に当てはまってる部分があったら、ぜひ改善してコミュニケーション能力を向上させましょう。

コミュニケーション能力がない人の特徴と改善方法

1. プライドが高い

コミュニケーション能力がない人の多くは、プライドが高い傾向があります。
以下に当てはまる方は注意が必要です。

・自分は人よりも優れている
・1人の方がなんでもできる
・他人に頼み事ができない

プライドが高いと、なんでも自分1人で片付けようとするため、周囲との関係性が薄くなってしまいがちです。

そうすると、相手との関係性を築けないため、コミュニケーション能力が育ちにくくなります。

自分1人でできることには限界があるので、積極的に他人に頼むようにしましょう。

2. 自分の意見を何としても通そうとする

何かを決めるときに自分の意見以外を否定するのも、コミュニケーション能力がないと思われる人の特徴です。

目的は何かを意識し、周囲の人と意見を交換しながら最適な手段を選ぶのがチームの活動を円滑に進めるポイントです。

まずは、相手の話をしっかり聞き、その上で意見交換を行うようにしましょう。

3. 感情が一定

他人の話を聞いても全く表情や感情が変わらないという方は注意しましょう。

コミュニケーションとは、言い換えると相互理解を深めることです。
相手の話に共感や同意することで、関係性が深まります。

相手がどんなことを考えて話をしているのか、しっかりとイメージしてみてどんな感情になるかを意識しながら聞いてみるようにしましょう。

4. 伝え方が下手

コミュニケーション能力がない人は、自分の想いを伝えるのが苦手です。

言っていることがおかしいのではなく、相手に伝わらない話し方をしている場合がほとんどです。

物事を伝える時には、理論的に話を組み立てることを意識しましょう。
相手が頭でイメージできるくらい分かりやすい話にできれば満点です。

5. 他人に興味がない

そもそも他人に興味がないと、相手が何を伝えたくて話しているのかが理解できなかったり、共感が生まれづらくなったりするため、コミュニケーションが成立しません。

コミュニケーション能力がないと感じている人は、相手の話を興味を持って聞いた上で、自分はどんな意見を持ったのかを伝えてみるところから始めましょう。

6. 自分が話せれば満足

コミュニケーション能力が高い人を「話題が尽きずたくさん話ができる人」だと思っていませんか?

実は、コミュニケーションには話を聞く力の方が重要です。

人間は他人に話をされるよりも自分の話を聞いてもらえる方が満足します。
話をするのが大好きな人は、話すのを普段の4割に留めておいて相手の話をよく聞くようにしてみましょう。

7. 1人でも寂しさを感じない

1人でいるのが好きな人は注意しましょう。

1人でいること自体は全く悪くないのですが、他人との関わりがなくなってしまうため、なかなかコミュニケーション能力を向上させづらくなります。

週に1度は誰かと話すなど、他人との関わりを定期的に作るのがオススメです。

まとめ

いかがでしたか?
コミュニケーション能力がない人ほど、他人との関わりにあまり重要性を感じていないことが多いようです。

しかし、ビジネスの基本は「相手が何を欲しているか」を感じ取り、解決策を提供すること。
セミナーでも、相手が聞きたいと思っていることきちんと把握して情報を伝えることが、高い満足度に繋がります。

セミナーなどで登壇される機会がある方で、もし今回の7つの項目に当てはまるものがあった方は、
「相手がどんなことに興味を持っているのか」「どのように話せば伝わるのか」など、
日頃からコミュニケーション能力の向上を意識していくことで、より満足度の高いセミナーを行うことができるようになるはずです。

一覧

こちらの記事もおすすめです

料金・設備備品

ケータリング

ご利用の流れ

お問い合わせ