ノウハウ

新着コラム

menu

お問い合わせ

セミナー・会議受付中

懇親会のみのご利用も可能

懇親会プラン

トータルサポートプラン

コラム

menu

お問い合わせ

セミナー・会議受付中

懇親会のみのご利用も可能

口下手でも大人数を盛り上げられるスピーチの3つのポイント

セミナーを行なっていると、話しても場がシーンとしてしまって悩んだことはありませんか?

場づくりをしっかりと行うことで大人数のセミナーでも和やかな雰囲気を作ることができます。
今回は、口下手でも大人数を盛り上げられるスピーチを行う方法についてまとめました。

盛り上がるとはどういうことか

会話を盛り上げるというと、大爆笑を取ることを考えてしまう方もいるでしょう。
しかし、口下手な人が大爆笑を取るというのは非常に難易度が高いです。

場を盛り上げるために必要な要素は「反応」です。
話す側であっても、聞く側のことを意識しているという雰囲気を作ることで、場を盛り上げることができます。

セミナーの講師として、次に挙げる3つを意識してみてください。

きっと、会場の雰囲気が少し変わるでしょう。

大人数を持ち上げられるスピーチ3つのポイント

1. 笑顔で相手の顔を見る

毎回セミナーに参加している方であれば、講師との信頼もあるのでフラットな気持ちで話を聞けますが、初めて参加する方は会場や講演の雰囲気が悪いと話がなかなか頭に入ってきません。

会場の雰囲気を和やかにして講演に集中してもらうためにも、笑顔で参加者の顔を見ながら話をしましょう。

それだけでも「しっかり参加者を見て話してくれてるな」と安心できるので、講師の話を聞く雰囲気が出来上がります。

2. 声を出して笑う

場を盛り上げるにあたって、一番重要なポイントは「声を出して笑う」ことです。

一緒に登壇している方や参加者の話を面白いと思ったら、心の中に止めるのではなく声に出して笑うのがコツです。
笑い声が、その場の空気を面白い・楽しいものに変えてくれます。

本気で面白くないのに笑いたくないという方もいるかもしれませんが、セミナーは本当に面白いことを決めるのが目的ではなく、その場を盛り上げて話を聞いてもらうのが目的です。

笑いの基準を少し下げて声を出すことは、間違いなく良い影響に繋がります。

3. 頷きやあいづちを取る

講演中に参加者に話を振る機会があると思いますが、そういった場合にも反応を工夫することで場が盛り上がります。

一番効果的なのは、話をしている人に対してしっかり頷いたり、「なるほど!」とあいづちを取ることです。
それにより、会場に「話をしっかり聞いていますよ」という空気が生まれます。

こういった空気が、コミュニケーションを円滑にして場の盛り上がりに繋がります。

まとめ

いかがでしたか?
セミナー会場の場を盛り上げるというのは、参加者が安心して講師の話に集中できる環境づくりとしてとても重要になります。

口下手であったとしても、こういった雰囲気が作れる方はとても好印象につながりますので、ぜひ今回の内容を頭に入れて実際に試してみてください。

今回挙げた3つのポイントは、セミナーを聞く側としても有効ですので、セミナーに聞く側で参加する機会がある方もぜひ試してみてくださいね。

一覧

こちらの記事もおすすめです

料金・設備備品

ケータリング

ご利用の流れ

お問い合わせ