ノウハウ

新着コラム

menu

お問い合わせ

セミナー・会議受付中

懇親会のみのご利用も可能

懇親会プラン

トータルサポートプラン

コラム

menu

お問い合わせ

セミナー・会議受付中

懇親会のみのご利用も可能

セミナーの成功は懇親会がカギを握っている!懇親会のお店選びのポイント5つ

セミナーやイベントを開催するときに、登壇者や主催者を囲んで交流を図る懇親会を企画したことはないでしょうか?
メインはもちろんセミナーやイベントの質となりますが、懇親会が盛り上がり参加者のつながりを作ることができれば、そこに価値を感じるリピーターを増やすことも可能です。
来場者の満足度にも影響する懇親会を意味あるものにできるかは、セミナーの企画者の腕次第。同じ会場でケータリングサービスを用意できるに越したことはありませんが、スケジュールの関係などで会場を変えなければならないこともあります。
この記事では、そんな場所を変えセミナー後の懇親会の企画をするときに役立つお店選びのポイント5つをお伝えします。

1.セミナー会場からの距離は徒歩3分以内

懇親会のお店は、セミナー会場から徒歩3分以内の距離を目安に探しましょう。
懇親会のお店が遠いと、荷物が多い人は移動が大変ですし、主催者側も誘導が大変です。当日、雨が降る可能性もありますよね。
そのため、セミナー会場から遠くても徒歩3分以内のお店を選びましょう。

2.セミナーのテーマにそぐわないお店を選ばない

お店を選ぶときは、セミナーのテーマとの連動性を意識しましょう。
わかりやすい例としては、健康に関するセミナーの場合なら、オーガニックレストランなどヘルシーで健康的なメニューを扱っているお店にするなどです。
健康に関するセミナーなのに、揚げ物がたっぷりのお店などを選んでしまったら、セミナー主催者側の配慮が足りない印象を持たれてしまいますので、気をつけましょう。

3.参加者の性別や年齢層に合わせる

参加者全体の性別や年齢層をチェックして、お店を選びましょう。
例えば、男性が多い場合は食事のボリュームが多いほうが好まれますし、女性が多い場合はボリュームよりは野菜が多いなどヘルシーなメニューが好まれる傾向があります。
また、年齢層が20代など低い場合はなるべく会費が安くなるように配慮してお店を選びましょう。喜ばれることはもちろんですが、懇親会への出席率を上げる効果も期待できます。

4.チェーン店ではなく個人店を選ぶ

チェーン店よりも個人店のほうがメニューにオリジナリティがあり、味も美味しい傾向があります。
(もちろんチェーン店で美味しいお店もあると思います)
また、個人店は要望に合わせて、臨機応変に対応してくれることが多いです。
お祝い事でケーキを持ち込んだり、飲み放題メニューにノンアルコールやソフトドリンクを追加してもらったりするなどのお願い事を聞いてくれたりするので、個人店を選んだ方が調整がスムーズに進むのではないでしょうか。

5.実際に食事をして、対面で予約をする

懇親会では大勢の方をお店にお連れしますので、料理がおいしくなかったら大変です。
「なんで、こんなお店を選んだのだろう?」と思われてしまいますし、食事がおいしくないと場も盛り下がってしまいます。そのため、お店を絞り込んだら、実際に食事をして味を確認しましょう。
実際にお店に行けば間取りもわかりますので、懇親会の人数に合ったテーブルや個室などを予約することもできます。
持ち込みや飲み放題メニューの追加など、特別対応に関する相談も対面のほうがしやすいです。

まとめ

すべての条件に合うお店を探すことは難しいですが、候補の中でなるべく条件に当てはまっているお店を選んでみてください。そのひと手間が懇親会参加者の満足度アップにつながります。
また、懇親会の企画者は、懇親会をただ食事して、お酒を飲むだけの場にしないように注意してください。懇親会では、参加者同士が交流しやすい雰囲気を作ることを意識して動きましょう。
セミナーに参加してどんな気づきがあったか、わかりにくいところはなかったか、などセミナーの感想や意見も聞いてみるのも良いと思います。セミナーの改善点を確認することができますし、共通の話題を振ることで会話を盛り上げるきっかけにもなりますので、一石二鳥です。

一覧

こちらの記事もおすすめです

料金・設備備品

ケータリング

ご利用の流れ

お問い合わせ