ノウハウ

新着コラム

menu

お問い合わせ

セミナー・会議受付中

懇親会のみのご利用も可能

懇親会プラン

トータルサポートプラン

コラム

冬プラン

menu

お問い合わせ

セミナー・会議受付中

懇親会のみのご利用も可能

セミナー後のアンケート回収率を上げるコツ

セミナーに参加した際に、毎回必ずアンケートに回答するという方は一体どれくらいいらっしゃるでしょうか?
セミナーを企画・開催した際には少しでも多くのアンケートを回収して次回に活かしたいと考えている方でも、いざ参加者としてアンケートを渡されるとどうでしょう・・・。
今回は、少しでも多くの声を集めセミナーやイベントの質を上げていくために重要な、アンケートの回収率を高めるコツをご紹介します。

答えてもらいやすいアンケートを作る

情報収集や学習を目的にセミナーに来ている参加者にとって、アンケートは目的を達成した後に求められる少し面倒な作業と言えます。義務でもないため答えないという方も少なくないでしょう。そんなアンケートの回答率を上げるためには「答えやすい」「負担に感じさせない」工夫が必要です。

設問は多くてもA4サイズの紙に納まる量に

小さい文字がぎっしり詰まったアンケートをお願いされたらどうでしょうか?どのようなシチュエーションであっても、そのようなアンケートを見たらそっと伏せたくなりますよね。情報収集をするという目的を達成してしまった後のアンケートではなおさらです。
やはり、何事も第一印象が大事。アンケートを見た瞬間に「これなら答えてもいいかな」と思ってもらうことが大切です。設問は優先順位の高い項目に絞り、多くてもA4サイズに納まる程度にするのが良いでしょう。文字の大きさにも気を配り、すっきりとした見た目にするのもポイントです。

優先度の高い設問から聞くようにする

セミナー後にアンケートをお願いする状況を想像してみてください。全プログラムが終了した後・それなりに目標を達成し満足している・あとは帰るだけ。そんな状況の中では、アンケートの後半くらいで気持ちが帰り道に向かっているなんて方も少なくないのではないでしょうか。人の集中力には限界があります。確認したい内容はアンケートに回答してくれる方の集中力が保たれているうちに聞くようにしましょう。
『設問は優先順位の高い順に!』
アンケートを次回以降の役に立てるためのコツのひとつです。

回答しやすい設問にする

抽象的な設問は、参加者が何を書くか迷ってしまい空欄になりがちです。「◯◯についてどう感じましたか?」「このセミナーで一番気に入ったパートはどこですか?」のように、具体的に何について聞かれているかが分かりやすい設問を用意するよう心がけましょう。直感的に答えられる、素直な感想を伝えれば良いなど、答えやすい設問であれば参加者に余計なストレスを与えることも無く、アンケートへの心的なハードルを下げることもできます。
自由にコメントを記入してもらうような設問を必要最低限に減らすのも、有効な回答を集める方法のひとつです。チェック式にする際は、あらかじめ用意する回答が偏らないよう注意しましょう。

アンケートという名前を使わない

アンケートと聞くと「義務ではないので答えなくても良い」と発想する方も多いのではないでしょうか?言葉に対する先入観はすぐに払拭できるものではありません。そこで、アンケートのタイトルを違う言葉にしてしまうのはいかがでしょうか?
例えば、「セミナー振り返りシート」「ご意見シート」「感想をお聞かせください」などのように、“あなたのご意見を次回以降の参考にさせていただきます”というような趣旨が感じられるタイトルにするのも効果的です。

アンケートの回収率を上げる

回答率を上げるための答えやすいアンケート作りは出来ました。次は、アンケートを現場で確実に回収するためのポイントです。ちょっとした工夫で回収率は格段に上げることができます。是非、参考にしてください。

アンケートは目立つ所に置く

資料やチラシと一緒にアンケートを事前に机や椅子の上に用意しておくセミナーも少なくありません。多くの場合は、アンケートが資料の間に挟まっていたり、一番下い置かれています。
それでは、せっかく作ったアンケートの存在に気付いてもらえなかったり、気付いたのが帰る直前で記入する時間がないなどといった残念な結果にも繋がってしまいます。こうした事態を避けるためにもアンケートは目立つ場所に置く、または、事前にアンケートが配布されていることを伝えるようにしましょう。あらかじめアンケートがあることを知ってもらえれば、セミナーの途中や休憩時間にも書き進めてもらうことが可能になります。

アンケートに回答する時間を作る

アンケートに回答していただく時間として最も多いのが、全プログラムが終了した後の帰る直前です。「お帰りの前に、お手元のアンケートにご回答をお願いします」などのアナウンスを聞いたことがある方も多いと思います。
しかし、義務ではなく、もちろんプログラムの一環でもないため、書かずに帰ってしまう方も多くなってしまいます。そこで、会を締める前にアンケートに記入いただく時間を作るという方法があります。簡潔にまとめられたアンケートであれば、ストレスなくほんの数分で完了するはずです。アンケートに回答いただく時間を設けるだけで、アンケートの回収率はぐっと上がるはずです。

回収は直接行う

最後はアンケートの集め方です。「その場に置いてお帰りください」「出口にあるボックスに提出してお帰りください」といった集め方では、回答せずに帰ってしまう人も多くなります。
セミナー講師本人やスタッフが直接席をまわり回収を行うと、有効なアンケートは集まりやすくなります。前の項目でもお伝えした通り数分間のアンケート回答時間を設け、その後講師本人やスタッフが回収することをアナウンスすることで、「回答しなくては!」という意識を高めることができます。
もちろん義務ではないため、書くまで帰れないというオペレーションは難しいでしょう。ある程度の時間が経過したタイミングで、書き終わっていない方に関しては席に置く、出口付近のボックスへ提出していただくなどの対応をすると良いでしょう。

まとめ

今回は、アンケートの効果的な作り方と、回収率を上げるための集め方をご紹介しました。アンケートは参加者の感想や声から、次回以降の改善点を見つける重要なツールです。ちょっとした工夫で、有効なアンケートの回収率は上げることができます。
是非、多くのアンケートを回収し満足度の高いセミナーの開催を目指してください。

一覧

こちらの記事もおすすめです

料金・設備備品

ケータリング

ご利用の流れ

お問い合わせ