フロアマップを見る

ノウハウ

menu

お問い合わせ

セミナー・会議受付中

「Xmas・忘年会・新年会」パーティーのご予約受付中!

この冬限定!貸切パーティプラン

懇親会プラン

トータルサポートプラン

コラム

menu

お問い合わせ

セミナー・会議受付中

懇親会のみのご利用も可能

イベントはこうやって開催すると間違いない!!

イベントを開催するに当たっての基本中の基本をご紹介。 わかっているようで、わかってない、流れやなんとなくでイベントの主催の手配を進めてしまっている方は今一度ご確認してみては如何でしょうか?

イベント開催のコツ

コンセプトを決めよう

イベントを開催しようと思いついたら、まず初めに実行する事は、コンセプトを決める事です。 コンセプトが定まっていないと「何をしたいのか」が分からなくなる軸となる部分揺らいでしまいます。その軸となる基本箇所を6W2Hとしてチェックしていくと良いでしょう。
即ち、Why(なぜ、目的)・When(いつ)・Where(どこで)・Who(誰が)Whom(誰に)・What(何を)・How much(予算)・How(どのように)です。

テーマを決めよう

そして次にイベントのテーマを決めます。テーマはイベントの目的をわかりやすくするものです。シンプルにわかりやすいをモットーにし、イベントで何を伝えたいかを考えてシンプルな言葉で決めましょう。テーマが決まったら開催日時と会場選びです。

開催日時と会場を決めよう

イベントの目的や対象者が決まっているのならば開催時期と会場の規模も決まってきます。イベントの趣旨によっては、会場の立地条件や施設のクオリティ、コストなどを考慮して会場を決めていきましょう。

スケジュールを決めよう。

下記のようにスケジュールを決めていくとスムーズなイベント運営ができます。
イベント全体を俯瞰できるようなグランドスケジュールを持っていると便利でしょう。

イベント運営をする専門業者を利用する手も…

イベント運営する際に専門業者に委託するという案も考慮するのもいいでしょう。
会場運営スタッフが手厚くサポートしてくれますから、イベント主催者としては、心強いでしょう。イベントの運営会社のサービスには、総合演出や照明・音響等のサポートや機材・備品の手配に始まり司会者の手配などがあります。ですから、イベントの趣旨が決まったら、会場選びや、備品の手配といった雑多な手続きを運営会社と相談しながら進められるので成功が身近なものになってきます。

まとめ

最初から最後まで自分たちの手で進めていきたいと思っても、イベントを成功させるためには、様々な準備が必要です。その準備をイベント運営会社に委託する事でその手間が軽減できます。開催準備に専門業者を利用する方法も選択肢に入れてみるのもいいかもしれません。

UDXならあらゆる事をトータルサポート

UDXならイベント運営代行さながらのサポートを無料でご提供。会場にを知りつくしたスタッフからあなたのイベントに合わせて最善の提案をさせて頂きます。 会場も小さいなものから大きなものまで多数備わっていますので、ぜひイベント主催をお考えの方は覗かれて行っては如何ですか?

一覧

こちらの記事もおすすめです

料金・設備備品

ケータリング

ご利用の流れ

お問い合わせ

pagetop

copyright